膝の痛みにはグルコサミンとコンドロイチン

>膝の痛みに効果的なサプリメントはずばり!「グルコサミンとコンドロイチン」です。 新聞やテレビで話題のサプリメントなので名前は聞いたことあるという方が多いと思います。

 

膝に痛みが出てしまう原因の中で一番多いのが、膝の軟骨がすり減ってきてしまい骨同士が直接当たってしまう事です。

 

膝にある軟骨は水分をたっぷりと含んでいてこんにゃくやゼリーのように柔らかくクッション性があります。それが使用してるうちにだんだんとすり減って量が少なくなってしまったり、柔軟性を失ってしまいます。するとクッションが無くなってしまった骨同士が直接ぶつかるようになってしまい、激しい痛みが出てくるようになります。特に膝は全体重を支える関節なので痛みが出やすいんですね。

 

軟骨は食事からとった栄養を使って作り出されるのですが、加齢による生産量の減少,膝を使いすぎてしまったため軟骨の生産が追いつかない,軟骨を作るための栄養が足りないなどの原因で量が足りなくなってしまいます。

 

グルコサミンとコンドロイチンが膝の痛みに効果的だと注目されているのは軟骨を再生するための材料になる成分だからなんです。軟骨の材料となるグルコサミンとコンドロイチンをたっぷり摂ると軟骨の再生スピードがアップします。すると関節内にだんだん軟骨の量が増えてくるので、悩んでいた関節の痛みも徐々になくなり再発の予防もできるようになります。

 

グルコサミンを摂るにはサプリメントが最も良い

 

よし!今日からグルコサミンとコンドロイチンをたっぷりと食べるぞ!」っと思った方。ちょっと待って下さい。グルコサミンとコンドロイチンは食べ物の中に含まれてはいるのですが、軟骨を再生できるくらいたっぷりと含んでいる食材はあまり食べやすいとは言えません。

 

グルコサミンをたっぷりと含んでいるのは、エビやカニなどの甲殻類の殻の部分。身の部分ならたくさん食べられますが殻を食べるのはムリですよね。身の部分もたくさん食べるのは経済的にムリですけど(^_^;)

 

コンドロイチンを多く含む食材はサメのヒレの部分。中華料理の高級食材フカヒレにはたっぷりとコンドロイチンが含まれています。フカヒレならたっぷりと食べられますが、毎日となると経済的にやっぱりムリですよね。

 

なので膝の痛みに効果的なほどグルコサミンとコンドロイチンを食材から摂るのは現実的ではありません。

 

そこで今注目されているのがグルコサミンとコンドロイチンを膝の痛みが緩和できるレベルの量を配合したサプリメントなんです。1日に必要な量が数カプセルに配合されているのでとり続けるのも苦痛になりません。

 

経済的にも1ヶ月分で5000円程度なのでそれほど負担にもならないと思います。フカヒレだったら1食で5000円くらいかかりますよね・・・。

 

膝の痛みを緩和できるグルコサミンサプリを選ぶには

 

グルコサミンのサプリメントは各社から発売されていて、注目ポイントを知らないとどれも同じように見えてしまい選ぶのがすごく難しくなってしまいます。そこで、ココを見ておけば大丈夫という重要ポイントを紹介しますね。

 

グルコサミンとコンドロイチンの配合量に注目

膝の痛みを和らげるためには1日分でグルコサミンとコンドロイチンが1500mgとれるサプリメントを選んで下さい(数多く行われた臨床試験結果から導き出された必要量です)

 

品質管理のしっかりとした有名メーカー製を選ぶ

サプリメントはしっかりとした品質管理をしているメーカーの物を使わないと思わぬ健康被害にあってしまうこともあります。決して価格が安いからという理由で選んではいけません。

 

以上2つのポイントに注目して選べば大丈夫です。最後に、グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントを詳しく比較しているサイトを紹介します。このサイトで紹介されている商品から選べば間違いありません。

 

グルコサミン・コンドロイチン徹底比較

更新履歴